FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解説員コーナー、2日目。 

解説員コーナー、2日目。


今日は解説員コーナー、2日目です。
果たして、アオちゃんとはどこまで仲良くなれるのか?

昨日、写真を撮りそびれていたので、今日はいくつか写真を載せます。
あ、爬虫類系がダメな人はあんまり見ないほうが良いかも。
まずは、コーナーにいるカエルさんです。



この二人、大きさにかなり差があります。



このくらい。

大きいのは、もう数年物のヒキガエルさんです。
立派ですね。
片手ではオカモの手のひらには収まりきらない感じです。
両手でちょうど良い感じ。

小さいのは、今年の春にカエルになったばかりでしょうか。
新人さんですね。
この子は、オカモの片手のひらにちょうど乗ります。
手乗り蛙です。

この二人、結構な人気者。
しょっちゅう子供達にイジリ倒されています。
もう、冬眠寸前で眠いのにね。
たまに、ケースの中で寝ています。
そろそろお外に出してあげないといけませんね。

んで、お次がアオちゃん。



今回はこの子と仲良くなるのが目標です。

って言ってもさ、おととい初めてヘビに触ったオカモとしては、この手は離せないんだよね。
だって、噛まれそうじゃん?
まぁ、毒は無いんだけれどねぇ。
ビビリなオカモはなかなか放せませんでした。
で、結局、お昼過ぎまではしっかり頭を押さえた状態でお客さんに見せていました。

が、これではいけないと思い、お客さんが少なくなったときに試してみました。
と、言うのもね、左手に巻きつかれてしまったのです。

右手はヘビ(アオちゃん)の頭。
左手は尻尾から半分くらいのところまでグルグル状態。
右手の援助無くては、左手の開放は望めません。

そんな訳で、ゆっくりと右手を放してみることに。

オカモ、かなりの緊張。
多分、固まってました。

アオちゃんは、移動したいらしく頭を向こうへ伸ばし始めました。
逃げられちゃいかんので、慌てて右手をアオちゃんの首の下に。
で、右手から右腕へアオちゃんを這わせてみました。

そしたらね、スルスルと左手を開放してくれました。
どうやら、アオちゃんもこの方が安心みたいです。
そりゃ、首根っこ掴まれてたら安心できないか。

アオちゃんがニョロ~って、首を伸ばしたらその下に右手を差し出して。
その右手の上を這って、またニョロ~ってしたら、左手に乗せて。
基本はその繰り返し。
慣れてくると、なかなか楽しい。

しばらく、アオちゃんとのスキンシップを楽しみました。
写真をとる余裕も出てくるくらい仲良くなれました。



ほら、頭はフリーでしょ。

でも、お客さんに触らせるときには、頭はフリーにはできません。
万が一があるからね。
って言うか、子供はいきなり掴むから危険なんです。
まぁ、状況によって頭を押さえたりもしました。

楽しい解説員コーナー2日間でした。
目標だったアオちゃんとも仲良くなれて、よかったです。
ちょっとヘビ使いになった気分です。(まだ見習いだけど)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://crabro.blog33.fc2.com/tb.php/158-7f03b0a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。